11.jpg12.jpg13.jpg14.jpg15.jpg16.jpg17.jpg18.jpg19.jpg20.jpg21.jpg22.jpg23.jpg24.jpg25.jpg
ホーム > アロマテラピーについて

アロマテラピー

アロマテラピー

アロマテラピーとは植物の花・葉・実・樹脂・根などの香り成分を凝縮した精油(エッセンシャルオイル)を用いた自然療法です

植物は香りを放出して虫や蝶などをおびき寄せ、子孫を残すために受粉を促したり種を運んでもらったりしています。香りはダイレクトに脳に伝わり、瞬時に気分転換やリラックスすることができ、それにより自律神経やホルモンバランスを整えストレス軽減に役立ちます。

1.jpg

2.jpg

015.jpg

*アロマ豆知識*
山下先生から、定期的にアロマについてお話をいただく予定にしています。
お楽しみに♪

山下先生のプロフィールはこちらから▶

不妊とアロマテラピー

妊娠するためには何といってもホルモンバランスを整えることが基本となります。女性の心と体にとって大切な女性ホルモンは大きく分けてエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。これらのホルモンは女性らしさや月経周期を整える重要な役割を担っています。

これらのバランスを整えるのにアロマテラピーは有効な方法です。アロマテラピーで使用する天然の精油(芳香分子)には数百と言われる有効成分があり、精油を嗅ぐとその芳香分子は電気信号によって嗅覚からダイレクトに脳へ伝わります。

嗅神経から大脳辺縁系に作用した芳香は嗅覚刺激によって女性ホルモンの分泌をコントロールしている視床下部に届きます。

不妊治療中のストレスや不安はアロマテラピー(心地良い香りを嗅ぐこと)で脳がリラックスしてストレス軽減、視床下部の機能を高め、排卵を正常化することが期待できます。
「脳」に直接アプローチすることができるアロマテラピーは植物由来の自然療法です。

精油の主な使い方は「芳香浴」と「アロマトリートメント」です。
芳香浴とはアロマポットやアロマライト、アロマディフューザーなど専用の芳香器を使って部屋中を香りで満たす方法で精油成分を空中に拡散させリラックスする方法です。
※ティッシュやハンカチに1~2敵垂らして嗅ぐだけでも良いです。

アロマトリートメントは精油を植物油で希釈してマッサージする方法です。香りとタッチングにより体全体がリラックスします。(原液のまま塗布しないでください)

.jpg

おすすめの精油

イランイラン・グレープフルーツ・ゼラニウム・ネロリ・フランキンセンス・ベチバー・ペパーミント・ベルガモット・ラベンダー・レモン・ローズ・ローマンカモミール
※画像をクリックすると、植物の名前が表示されます。

精油は基本的には心地良いと思う香りを選ぶことをお勧めします。有効だと言われている精油でもその香りが嫌いで不快であればあまり意味がありません。

*ホルモンバランスを整えるには栄養・睡眠・運動などの生活習慣を整えることが大切です。そのうえでアロマテラピーが大きな力になれるとご理解いただければ嬉しいです。

精油の伝達経路

精油の中には数百という芳香成分が含まれていて、それらが有効成分として私達の身体に働きかけてくれます。その有効成分を体内に入れる方法として主に3つの方法があります。

① 鼻から吸入することによって脳へ伝達し、神経のバランスをとる。
② 口や鼻から呼吸することで芳香分子は肺の末端の肺胞から血流に入り全身をめぐる。
③ 植物油で精油を希釈し、マッサージなどで皮膚から体へ吸収させる。
(精油は高濃度なので決して原液をつけない)


12_time.png

12_off.png

map4.png

駐車場は、呉駅西駐車場をご利用ください。チケットをお持ち頂くと1時間無料券をお渡しします。

(c)2020 笠岡レディースクリニック
〒737-0811 広島県呉市西中央1丁目3-9呉信愛ビル5F