11.jpg12.jpg13.jpg14.jpg15.jpg16.jpg17.jpg18.jpg19.jpg20.jpg21.jpg22.jpg23.jpg24.jpg25.jpg
ホーム > 喫煙者の方へ

喫煙者の方へ

当医院では、不妊治療を望まれる方に禁煙をして頂きます。
タバコにはニコチンやたくさんの有害物質が含まれており、血管を収縮させ血流が悪くなります。

血流が悪くなることによって、子宮・卵巣・男性機能など様々な影響を与えています。妊娠中にタバコを吸うと、流産、早産、死産の率が高くなり、胎児の発育も悪く、低体重児の原因になるだけでなく、出産後の赤ちゃんの成長にも影響します。

喫煙者は平均閉経年齢が早いことが分かっています。これは喫煙により、卵細胞が早くに枯渇してしまうことが原因とされています。

さらに、喫煙により卵の質が低下し、妊娠しづらくなります。

体外受精を行なった場合も、喫煙者は成功率が低下します。体外受精における喫煙女性の妊娠率は非喫煙者に比較し、平均20%減少すると報告されています。また、妊娠したとしても流産率が高くなります。

男性の喫煙は勃起不全や精子の状態にも影響し、喫煙している人の精子濃度、総精子数、総運動精子数に有意な低下をもたらします。

禁煙することで以下の図のように直後から健康面での改善が見られます。

smoking.gif 厚生労働省のHPより抜粋

ご夫婦揃っての禁煙が必要です。
治療が必要な方は禁煙外来をご紹介いたします。お気軽にご相談下さい。


電子タバコについて

電子タバコの販売ページには、注意事項が記載されています。

■アイコス / グロー
喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなり、心筋梗塞・脳卒中の危険性や肺気腫を 悪化させる危険性を高めます。未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。周りの人から 勧められても決して吸ってはいけません。 人により程度は異なりますが、ニコチンにより喫煙への依存が生じます。
■ブルームテック
喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなり、心筋梗塞、脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる危険性を高めます。未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。妊娠中の喫煙は、胎児の発育障害や早産の原因の一つとなります。

いずれもニコチンが含まれているため、“電子タバコは安全”とは言えません。また、リキッドタイプの電子タバコはノンニコチンのため、安全だとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、中にはエタノールなどのアルコール系の成分が含まれているものもあり、こちらも100%安全とは断言できません。リキッドタイプの電子タバコの歴史はまだ浅いため、含まれている成分が、妊婦にどのような影響を及ぼすか不明点が多いのが現状です。不妊治療をお考えの方は、ご夫婦そろっての禁煙が必要です。


12_time.png

12_off.png

12_map.png

駐車場は、呉駅西駐車場をご利用ください。チケットをお持ち頂くと1時間無料券をお渡しします。

(c)2017 笠岡レディースクリニック
〒737-0811 広島県呉市西中央1-3-10 メディカルスクエア5F