11.jpg12.jpg13.jpg14.jpg15.jpg16.jpg17.jpg18.jpg19.jpg20.jpg21.jpg22.jpg23.jpg24.jpg25.jpg
ホーム > プチ講座 > 過去一覧 > ヒトパピローマウィルス(HPV)と子宮頸癌

ヒトパピローマウィルス(HPV)と子宮頸癌

ヒトパピローマウィルス(HPV)と子宮頸癌

以前のプチ講座にもありますが、ヒトパピローマウィルス(以下HPV)の感染が子宮頸癌の原因であるといわれています。 性交渉のある女性の60%~80%は一度はHPVに感染しています。 感染しても自覚症状はなく、ほとんどの場合は1~2年以内に自然にウィルスが消えます。 消えずに長期間感染が続くと、前がん病変(異型成)を経て子宮がんになる可能性があります。

11.gif
通常の子宮がん検診(細胞診)を行う時に同時にHPVの検査を行うことで、癌だけでなく、前がん病変の段階でより確実に発見することができます。

結果の判定

12.gif

※ HPV検査は現在保険適応ではありません。検査をされる方は前もって予約をお願いいたします。

※ 結果がわかるまで、一週間前後要します。

先生から一言

子宮頸癌は定期検診を受けることでほぼ100%予防ができます。
とくにヒトパピローマウィルス感染と子宮頸癌との因果関係がかなり明らかになり、外国ではワクチンの投与も始まっています。20・30代の子宮頸癌が急増しています。若年からの検診をすすめます。


12_time.png

12_off.png

12_map.png

駐車場は、呉駅西駐車場をご利用ください。チケットをお持ち頂くと1時間無料券をお渡しします。

(c)2017 笠岡レディースクリニック
〒737-0811 広島県呉市西中央1-3-10 メディカルスクエア5F