11.jpg12.jpg13.jpg14.jpg15.jpg16.jpg17.jpg18.jpg19.jpg20.jpg21.jpg22.jpg23.jpg24.jpg25.jpg
ホーム > 高度生殖医療 > 融解胚移植

融解胚移植

1)胚移植の準備

採卵により受精卵を凍結保存できれば、胚移植の予定を立てます。 あらかじめ薬をお渡しさせていただきます。

2)胚移植の予約

採卵する周期の月経が開始次第、クリニックまで電話連絡をお願いします(診療時間内にお願いします)。 月経周期17日目前後にリンス液の注入、20〜21日に胚盤胞の移植となります。

3)貼り薬または塗り薬の開始

月経周期2日目から毎日貼り薬または塗り薬を使用していただきます。

4)ホルモン値と子宮内膜のチェック

月経周期12日目前後に来院していただき、採血によるホルモン値測定と、超音波による子宮内膜のチェックを行います。 最適でない場合は、胚移植をキャンセルさせていただき、次周期に変更します。

5)膣坐薬と飲み薬の開始

月経周期16〜17目から毎日、膣坐薬と飲み薬を使用して頂きます。

6)リンス液の注入

月経周期17〜18日目にリンス液の注入を行います。 方法は胚移植と同様です。 採血によるホルモン値測定と、超音波による子宮内膜のチェックを行い、状態次第で補充する黄体ホルモンの量を追加する場合があります。

7)胚盤胞移植

月経周期20〜21日に胚盤胞を移植します。

8)着床期検査

月経周期27日前後に来院して頂き、採血によるホルモン値測定と、超音波による子宮内膜のチェックを行います。

9)妊娠判定

月経周期34日前後に尿検査にて妊娠を判定します。

yuukaihai_01.gif

費用例

凍結融解胚盤胞移植

ホルモン補充周期で、アシストハッチング・SEET療法を行い妊娠した場合の料金例

ホルモン補充(貼付薬・坐薬・飲み薬等) 85,020円
超音波検査・血液検査・妊娠反応検査等 22,400円
SEET療法 36,000円
アシストハッチング 27,000円
凍結受精卵融解料 32,400円
胚移植 50,000円
合計 252,820円

12_time.png

12_off.png

12_map.png

駐車場は、呉駅西駐車場をご利用ください。チケットをお持ち頂くと1時間無料券をお渡しします。

(c)2017 笠岡レディースクリニック
〒737-0811 広島県呉市西中央1-3-10 メディカルスクエア5F